リリースノート (一般リリース)

Written By Ascend knowledge base (Administrator)

Updated at April 8th, 2024

24.4

Software 24.4 / Database Schema 129.00
公開日:202449

Ascend RMS

New

  • 販売フォーム|販売フォームからの在庫確認で、品番がない場合にエラーが発生することがなくなりました。
  • お客様情報|顧客メモが、複数店舗のすべてで顧客プロファイルに正常にダウンロードされるようになりました。
  • 支払い|Ascend Payユーザーは、必要な支払い種類を無効にしたり、非表示にしたりできなくなりました。

修正事項

  • 注文|総勘定元帳サマリーが、EUおよびAUユーザーのアクティビティサマリーの数値と一致するようになりました。
  • 注文|HQから提出された注文処理がクライアントに表示されない問題が解決されました。今後は特別注文または作成された転送に関連するお客様が表示されます。
  • 支払い|キャンセルされたAscend Payの支払いで同期外エラーが発生する問題は解決されました。

Ascend HQ

New

Ascend HQスケジュールレポートおよびエクスポートの履歴

  • Ascend HQのスケジュールレポートとエクスポートに新機能の追加。過去にスケジュールされたレポートとエクスポートの履歴を、レポート/エクスポートの種類、受信者、エクスポートの最終実行日、および配信状況の表示(成功または失敗)とともに表示できるようになりました。

修正事項

  • 順次生成されるPO番号は自動的に生成されます。

24.2

Software 24.2 / Database Schema 127.00
配信日:2024年2月28日

アセンド

New

ペイアウトの追加

  • 特定の市場における、税務当局からのコンプライアンス上の懸念を回避するため、支払を編集することができなくなりました。推奨される使用方法は、キャッシュドロワーに影響を与える最終的な金額が判明している場合にのみ支払いを記録すること、または支払いが発生した際にキャッシュドロワーに取られた金額と戻された金額を反映させるために、プラス/マイナスの2つのペイアウトを別々に記録することです。

修正です。

Eコマース

  • EコマースAPIから発信された配送タイプおよび配送タイプの販売については、明示的なタイプと配送タイプの文字列の両方が、Eコマース販売画面の配送タイプ列に含まれる。

作業指示書

  • 2台で伝票を操作しているときに、メカニックの対応可能時間を保存しても、重複キーエラーが発生しなくなりました。

24.1

Software 23.15 / Database Schema 126.00
配信日:「x0_"2024年1月9日

アセンド

修正です。

トレックへの発注に関して

  • 注文を送信する際、注文書に表示される原価は、商品がセール品である場合も含め、正しい原価が反映されるようになりました。

アセンド HQ

New

トレックへの発注に関して

  • 新しくなったトレックの注文機能で、どこからでも注文できる。在庫レベル、特別注文、またはディーラー内のすべての場所の手動選択に基づいてカートを一度に簡単に構築します。

"x0_トレック・オーダー・グリッド

  • オーダーグリッドはAscendデスクトップアプリからAscend HQに移動します。トレックが提供する商品、コスト、商品の在庫状況を販売データと合わせて簡単に確認し、発注の必要性を判断することができます。

修正です。

アセンド・ペイ

  • Completeオンボーディング」ボタンは、ディーラーが「完全登録」状態であっても、ユーザーをAdyenウェブサイトに正しくリンクします。

23.15

Software 23.15 / Database Schema 125.00
配信日:「x0_"2024年1月9日

アセンド

New

トレックへの発注に関して

  • トレックに注文を送信する際、数量と金額の倉庫合計がトレックの注文確認フォームに表示されるようになりました。
  • バイクのオーダーグリッドが再びAscendで利用できるようになった。P&Aはまだ無効で、グリッドに商品が表示されないことにご注意ください。

その他

  • 非表示の売上を開くと、取引内から売上請求書をプレビューおよび印刷できるようになりました。

アセンド HQ

New

カスタマー取引履歴レポート

  • 顧客取引履歴レポートのボタンの色が更新されました。

修正です。

カスタマー取引履歴レポート

  • 名前に特殊文字が含まれるお客様へのEメールに影響する問題は解決されました。
  • 非表示の場所で完了した取引については、Eメールボタンが表示されなくなります。

Bookkeeping

  • スケジュールされたレポートのスケジュール時間は、クラウドサーバのタイムゾーンではなく、Ascend HQ ユーザのタイムゾーンに基づくようになりました。

23.14

Software 23.14 / Database Schema 125.00
配信日:「x0_"2023年12月12日

アセンド

New

eコマース・セールス

  • x0_"ウェブセールID 列を新たに追加し、小売業者のウェブサイトを通じた顧客による売上を参照できるようにしました。

修正です。

その他

  • E コマース API ユーザーは、配送と配送の両方のウェブセールスで、配送先住所が販売フォームのコメントに自動的に入力されることに気づくでしょう。
  • ストラタスのダウンタイム中、トレックサプライヤー注文を送信しようとすると、長時間のローディングバーが表示される代わりに、エラーメッセージが表示されるようになりました。

アセンド HQ

New

APIインテグレーター

  • API Integratorsセクションにツールチップを導入しました。これらのツールチップは、利用可能なオプションとともに、各許可の目的と機能を詳述しています。

その他

  • スライダーフィルターの代わりに、正確な値を入力してより正確な検索ができるようになりました。


23.13

Software 23.13 / Database Schema 124.00 
配信日:2023年11月14日

アセンド

New

トレックへの発注

  • 仕入先編集、オプション、発注書内でトレックのアカウント番号の編集が出来なくなります。アカウント番号の更新が必要な場合は、サポートまでご連絡ください。

クラウドカタログ

  • クラウドカタログで検索結果が500商品を超えた場合、追加されていない新商品が最初にリスト表示されるようになりました。

その他

  • パフォーマンスを向上させるため、データベース エクスプローラーで商品を検索する際、1,000 商品のみが最初に読み込まれます。

修正です。

トレックへの発注に関して

  • トレックアカウント番号が発注書に反映されないという問題が解決されました。

アセンド HQ

New

カスタマー取引履歴レポート

  • 【レポート - 顧客取引履歴】 権限を持つユーザは、アセンド HQ のレポート内で 【顧客履歴】 レポートを使用できるようになりました。

23.12

Software 23.12 / Database Schema 123.00 
配信日:2023年10月24日

アセンド

New

デクスター退役

  • トレックのサプライヤーからの注文は、より安全な新しいエンドポイントを使用することになる。注文を送信する際のワークフローがより簡素化され、注文グリッドなどの一部の機能がAscendから削除されたことに気づくだろう。

オートシンク・トレック発注書

  • トレック注文書について、 自動同期 を有効にするオプションが追加された。Trek Bicycle Corporation Edit Vendor 画面の Auto-Sync Purchase Orders チェックボックスを有効にすると、新規作成または更新されたトレック B2B 注文が Ascend で自動的に同期されます。より詳細な設定手順とガイドラインについては、自動同期発注オプションのナレッジベース記事を参照のこと。

その他

  • 特別注文のために店舗から転送 を要求する場合、各店舗の都道府県と郵便番号が表示されるようになったので、それらの店舗に近いことが簡単にわかるようになった。
  • 税率 が領収書に分けられた。

修正です。

  • 売上項目の編集権限を持っていない場合、または作業指示詳細で編集した場合、売上画面で振替依頼を編集しても、振替依頼の重複は作成されない。
  • 価格更新ツール使用時に自動ログアウトできなくなった。
  • 店内商品を非表示または削除すると、関連するベンダー商品も非表示になる。

アセンド HQ

New

クイックブックス

  • これでAscend HQからクラウドベースの QuickBooks総勘定元帳サマリーIIFエクスポート を生成できるようになる。この新機能により、ユーザーは特定の日付範囲または複数店舗にまたがるIIFエクスポートファイルを結合/分離することができる。
  • これで、Ascend HQの全拠点で、 QuickBooks会計/簿記 を設定できるようになる。
  • これで、Ascend HQ で直接 COA エントリを管理するだけでなく、 QuickBooks Chart of Accounts (COA) セットアップファイルをインポートできるようになる。
  • この機能を利用するには、新しい Ascend HQ - Bookkeeping パーミッション が必要である。

23.11

Software 23.11 / Database Schema 122.00 
配信日:2023年9月26日

アセンド

修正です。

  • 非表示のプロモーションが同じ名前の場合、有効なプロモーションの価格を更新できない問題を修正しました。
  • 非表示になっている販売商品を誤って変更することができなくなります。

23.10

Software 23.10 / Database Schema 121.00 
配信日:2023年9月5日

アセンド

New

  • データベースエクスプローラー > の売上グリッド 内の売上 を右クリックすると、"Ascend HQ "に同期 オプションが表示されます。この新しいオプションは、Ascend HQが勝手に同期するのを待つのではなく、30分以内に売上の変更をAscend HQに同期させることができます。

アセンド HQ

New

  • HQ > レポート > RPM精度 "では、 % of Bikes W/Accurate Snsという指標が表示されなくなり、代わりに % of Bikes Received with Serial#と表示されます。この更新されたフィールドは、過去30日以内に受け取り時に バイク が シリアル化 されたすべての バイク を調べます。

23.9

Software 23.9 / Database Schema 120.00 
配信日:2023年8月15日

アセンド  

New

  • ログ機能が更新され、システムクラッシュやフリーズのデータがより多く記録されるようになりました。
  • データベース・エクスプローラの[商品]画面または[ベンダー商品]画面で商品をロードする際、結果に含まれる商品が10,000点未満の場合、結果が10,000点までに制限されていることを知らせるポップアップ・メッセージが表示されなくなりました。
  • コミッションサマリー またはx4_"コミッション詳細 レポートを実行する際、 非表示 ユーザーが表示されなくなります。レポートはアルファベット順に並べられます。
  • 商品/ベンダー商品 - 表示 権限がある場合、 購入 注文 画面の 商品編集 オプションをクリックすると、店内商品を表示できるようになります。

修正です。

  • マルチストア設定において、大文字と空白文字が混在する税タイプ情報を共有する際の問題がなくなりました。
  • 変更期限 画面中にシステムがクラッシュした場合、または画面を開いたままPCが再起動した場合、変更支払いはデータベースに記録されます。こうすることで、総勘定元帳の摘要で取引が残高不足として表示され、会計プログラムにインポートできなくなるのを防ぐことができます。
  • 予約 で1つの予約を複数回クリックすると、複数のウィンドウではなく1つのウィンドウしか表示されません。

23.8

Software 23.8 / Database Schema 119.00  
配信日:2023年7月25日

アセンド  

New

Eコマース

  • これで Eコマースタイル と Eコマースタブが設定内に表示されます。Eコマース機能は、デフォルトでAscendに表示されるようになりました。

修正です。

荷受機能

  • 商品を受け取ると、在庫は適切に同期され、数量はローカルデータベースとストラタスのデータベースに更新されます。
  • 保証 または 従業員購入の注文タイプを持つ 梱包明細書 の注文情報を生成できない場合、メッセージが表示されるようになりました。

その他

  • ユーザーの情報を更新する際、フォームを保存しようとすると、パスワードが最小要件を満たしていない場合に通知されるようになりました。
  • データベースエクスプローラー > 注文内のすべて表示ボタンを使用すると、最新の注文が最初に表示されるようになります。
  • 商品検索を完了し、すべて表示を選択すると、最大10,000件の検索結果が表示されるようになりました。
  • これで、 データベース エクスプローラ > ベンダー 商品の 非表示 ボタンを選択すると、非表示になっている正しい商品が表示されます。
  • これで、 郵便番号を調整するときは、特定の都市と郵便番号の組み合わせだけを調整することになる。
  • リンク/マージ権限がない場合、照合画面内で商品をマージすることができなくなりました。
  • 商品/ベンダー商品 - マスターデータの追加/編集権限を持っていない場合、PO画面からベンダー商品や商品を編集することができなくなりました。
  • 変更期限画面中にシステムがクラッシュした場合、または画面を開いたままにしてPCが再起動した場合、 取引残高が表示されないように、変更支払いがデータベースに記録されるようになりました。
  • インジェニコ・デバイスのEMV(チップ)設定を更新する必要がある場合、EMV設定が一度も設定されていないか、更新が14日間実行されていないかに応じて、更新オプションのプロンプトが表示されるか、自動的に更新されます。

23.7

Software 23.7 / Database Schema 118.00  
配信日: 2023.05.29

アセンド  

New

アカウント管理(POA)

  • POAを誤って過払いしてしまった場合、POA Manage AccountsのCredit Memo画面で支払いフローをキャンセルすることができるようになりました。以前は、クレジットメモを適用して手続きを進める必要がありました。請求書の選択内容はそのまま引き継がれますが、初めて支払いを行う場合は、正しい支払い金額を再度入力する必要があります。

ログイン画面

  • アセンドのログインが一新されました。アップデート情報など、大事な情報がすぐに目につく場所に表示されるようになります。

発注

  • 発注書を保存する際に、仕入先発注番号に含まれる先頭または末尾のスペースは自動的に削除されます。これにより、エラーが減少し、アセンドと仕入先が管理している番号が一致しないことによる注文内容の同期で発生する問題を低減できます。

荷受機能

  • Generate Order ボタンをクリックすると、注文情報を50%速く生成できるようになりました。

その他

  • 高速ログインを使用すると、キャッシュの有効期限が切れても正常にログインすることができます。
  • これで、 取引タイプ が 顧客レコード x4_売上 x7_"履歴 およびx9_"データベース Explorer Products Customer メニュー内で見られるようになっています。
  • Work Order 画面内で、作業指示書の印刷部数を指定することができるようになりました。
  • 誤って「ベンダーオーダー番号 」が重複した発注書を作成することができなくなりました。
  • 特別注文管理ツール を使って倉庫に特別注文を割り当てる場合、割り当て前に特別注文に存在していたコメントは、その特別注文アイテムの倉庫の場所に表示されるようになりました。
  • カスタムポート番号 FTP FTPを使用することができるようになりました。

改修

メモリーリーク

  • アプリがクラッシュする原因を解明し改修したため、クラッシュの回数が減少することが見込まれます。

その他

  • 完了したワークオーダーに対し、過払い金が発生した場合、作業指示は未完了の状態でロックされるのではなく、完了として表示されるようになりました。
  • 在庫品と非在庫品をワークオーダーに追加した際に、在庫品と非在庫品の両方を在庫に戻す調整を行うことで、誤って非在庫品の数量を増やすことができなくなりました。
  • 高速ログイン
  • Ascend Agentがダウンしているときや稼働していないときに、パスワードが正しくないというエラーメッセージが表示されることはありません。
  • 高速ログインを使用してログインした場合、データベースエクスプローーで設定した権限に基づいて、タイルの可視性が表示されるようになりました。  
    その他
  • テキストがクエスチョンマーク"? "に表示されなくなる。を、「活動概要」「報告書 」のように、正しく翻訳されたテキストで表示します。  
     

アセンドHQ

New

顧客注文品管理

  • フルフィルメント優先で、最近作成したPOでソートするように設定できるようになり、特定の特別注文のために作成したばかりの発注書を簡単に見つけることができます。

その他

  • アセンドHQからLocallyへ配信されるレポートは、商品編集の画面でeCommerce用にマークされた商品のみを含むようになりました。

特別注文の管理

  • レポートオプションの「フルフィルメント優先度」の変更を適用する際に、エラーが発生することはなくなりました。

税金送金報告書

  • これで、完成した売上の販売品価格に販売数量をかけた、種類/場所/率ごとの課税対象額が表示されるようになりました。

23.5

Software 23.5 / Database Schema 115.00   
配信日:2023年5月2日

アセンド  

New

荷受機能

  • SOレシート印刷'ボタンを選択すると、PO画面で受け取った商品の古いレシートや領収書を印刷しなくなります。そのセッションで受け取ったSpecial Orderのレシートのみを印刷することになります。

その他

  • インポート・エクスポート・データ "権限 は、インポート・エクスポート・データ "権限 と レポート-エクスポート "権限 に分割された 。これにより、ベンダー、インストア、および顧客レコードの完全なインポートおよびエクスポートへのアクセスを制限しつつ、レポートのエクスポートオプションを提供することができるようになります。
  • 高速ログイン」「高速ログイン」でログインした場合、「3倍速」「」でログインできるようになりました。
  • ベンダーの商品シートをインポートする場合、またはUPCを更新する場合、NULL は文字列/単語ではなく、空値 として扱われ、Excel変換時の問題を防ぐことができます。
  • レポート 」では、「Ascend Online Reports」「(AOR)」は廃止されましたので、参照することはできません。

修正です。

その他

  • 販売や注文を何度も開いたり閉じたりしたときに、メモリリークによってAscendがクラッシュすることがなくなりました。
  • キャッシャー・モードを使用しているとき、画面更新の問題で支払いが表示されないという問題が発生しなくなりました。
  • 国」フィールドに「NULL値」「を持つ顧客を誤って」作成することができなくなります。

Locally

修正です。

ローカルエクスポート

  • ローカル製品/価格エクスポート は、Ascend RMSが コストに関するプロモーションに使用するのと同じ計算を行うように更新されました。その計算は、マージン率=コスト/(1-パーセンテージ/100)、コストプラス率=(コスト*パーセンテージ/100)+コストです。 

23.4

Software 23.4 / Database Schema 115.00   
配信日:2023年4月11日

アセンド

New

クラウドカタログ

  • クラウドカタログで、新しく作成された商品だけを 検索し、商品の作成日で検索するオプションを持つようになった。
  • Ascendデスクトップ上にアップデート製品 タイルが表示されなくなります。その代わりに、クラウドカタログの機能を使用する必要があります。

荷受機能

  • 未入荷の商品がある場合、同じ伝票を複数回受け取ることができるようになりました。すでに受信したアイテムは無効となり、再度受信することができなくなります。

ユーザーと権限

  • 在庫を調整するための権限 “Reconcile Inventory ”は、元々関連付けられていたオプション権限x2_"Options Permission "から分離して作成されていることが確認できます。これにより、在庫管理者は、オプション設定にアクセスすることなく、個数計算を行うことができます。
  • これで、2つの異なる プロモーションの許可が表示されます。プロモーション」権限は、「"プロモーション - 追加/編集 "」に名称変更され、元の権限と同じ機能を備えています。新しく作成された権限は、 プロモーション - ビューと呼ばれます。これにより、ユーザーに修正や新規作成をさせることなく、現在のプロモーションや販促アイテムを閲覧できるように設定することができます。

その他   
 

  • 何らかの理由でAscend Updateが完了しなかった場合、Auto-Updaterの実行設定から24時間後に、「新しいアップデートがあります」というメッセージプロンプトが表示されます。
  • Ascend RMSの Min/Max値を変更した場合、Ascend HQのReorder Analysisと同じロジックでHQの安全在庫を更新するようになりました。   
    これまでホットキーに隠れていたレポート 検索機能がに常に表示されるようになり、特定のレポートを簡単に検索できるようになりました。
  • ベンダーの商品シートをインポートする場合、またはUPCを更新する場合、NULL  は文字列/単語ではなく、x4_空値 x5_として扱われ、Excel変換時の問題を防ぐことができます。

23.3

ソフトウェア 23.3 / データベース 114.00   
配信日:2023年3月21日

アセンド

新しい機能

荷受機能

  • セッション別受注報告で、受注方法を示す新しい発送元列が表示されるようになりました。
  • 特別注文を受信ウィザードで受信した場合、他の方法で受信した場合と同じ通知が顧客に送信されます。

修正です。

その他

  • 戻り値 が開いている特別注文を含む場合、不注意で閉じることができなくなりました。 
  • 低速のワークステーションで作業している場合、支払い による重複した変更を見る可能性がなくなりました。 
  • 照合画面 に入る際、商品数表示による メモリ不足エラー が表示されなくなりました。 

アセンド HQ

New

税金送金報告書

  • Ascend HQ レポート が追加され、会計士はロケールや消費者の場所によって課金される税金を表示し、エクスポートできるようになりました。

その他

  • Ascend HQ ログイン画面に重要なニュースや最新情報を表示するようにしました。

23.2

Software 23.2.29 / Database Schema 113.00    
リリース日:2023年2月28日

アセンド

New  

その他

  • データベースエクスプローラーの顧客において、画面下部のシリアル番号"」x3_でデータをロードする際に、パフォーマンスの向上が確認されます。

アセンド HQ

New

会計報告

  • Ascend HQ レポート が追加され、会計士はロケールや消費者の場所によって課金される税金を表示し、エクスポートできるようになりました。

Fixedです。

  • Ascend HQ の 安全在庫レベル の変更が、商品の最小/最大値 に適切に反映されるようになり、その逆も然りです。
  • サービスチーム分析 レポート は、すべてエクスポート」ボタンを選択すると、それぞれダウンロードすることができます。

23.1

Software 23.1.32 / Database Schema 112.00    
リリース日:2023年1月31日

アセンド   
 

New

価格更新機能 

  • 価格更新ツールからラベルを印刷する場合、現在ソートされているように印刷されるようになりました。

Fixedです。

荷受機能

  • 非表示のベンダー製品 に関連する製品を受け取る際、手持ちの数量が増えないという問題は発生しなくなります。

その他

  • データベースエクスプローラーで移動しているとき、上下の矢印はあたかも行をクリックしたかのように適切に選択し、項目の詳細を下ペインに読み込みます。
  • アセンドで伝票を開いている際、Agentは0_"eCommerce "販売を処理しなくなります。これにより、売上や注文が重複する可能性を防ぐことができます。

アセンド HQ

New

顧客注文管理ツール - アセンド HQ 

  • SOMTの全てのスペシャルオーダーラインに更新ボタンが表示されるようになりました。これにより、特別注文のデータ、出荷日を更新したり、選択した個々の行のクライアントを更新するためにフルフィルメントを再送信しようとすることができます。また、クライアントに提出される特別注文の行に表示される新しい ゴミ箱アイコン も追加される予定です。このボタンを選択すると、注文はキャンセルされ、失敗した特別注文の行として表示されます。

その他

  • Ascend HQ レポート が追加され、会計士はロケールや消費者の場所によって課金される税金を表示し、エクスポートできるようになりました。

Fixedです。

サービスチーム分析レポート

  • これで、適切に計算されたターンアラウンドメトリクスがHQサービスチーム分析レポートに表示されるようになりました。

その他

  • ユーザーの好みの言語 が保存され、ログアウト後、Ascend HQに戻ると表示されるようになりました。

KB22-021